アナル刺激で射精するトコロテンのやり方と成功させるコツ

トコロテン入門アナル

皆さんは、射精をするときにどこを刺激しますか?

ほとんどの方は、ペニスを刺激して射精すると思います。

一緒に乳首を弄る人もいると思いますが、それでも主な場所はペニスです。

しかし、実はペニスをしごかずに、アナルへの刺激で射精することができるのです。

それが、トコロテンです。

「トコロテンってなに?」「どうすればできるの?」

そういう方に向けた内容となっておりますので、ご興味がある方は最後までご覧ください。

トコロテンとは

トコロテンとは、ペニスを刺激せず、アナルの快感で射精することです。

名前の由来は、食べ物のトコロテンを押し出して作る様子が、アナルから精液を押し出すのに似ていることからきています。

男の娘系エロ漫画を読んでいると、このトコロテンの描写が多いので、知っている方も多いかと思います。

トコロテンの特徴

「トコロテンって、結局どういうものなの?」という人のために、主な特徴について紹介します。

アナルへの刺激で射精する

トコロテンはペニスへの刺激ではなく、アナルに挿入して、前立腺と精嚢を刺激することで射精します。

この前立腺と精嚢は近いところにあり、ディルドなど太いものなら、比較的簡単に両方刺激できます。

前立腺はアナルの重要な性感帯の1つで、開発することで強烈な快感を得られます。

精嚢は精液の元となる精嚢液を溜める場所で、ここを刺激することで精液を押し出します。

この2か所を刺激することで、射精をすることができます。

ちなみに、精嚢も開発次第で快感を得られます。

射精が長い(個人差あり)

ペニスをしごいての射精と違い、トコロテンは漏れ出すような射精になりやすく、イッている時間も長くなります。

ただし、体調や個人差があり、しごいての射精と同じように出るときもあります。

不応期がない(個人差あり)

射精をすると冷静になったり、倦怠感に襲われたりする人が多いと思います。

しかし、ペニスを刺激しないで射精をすると、不応期(いわゆる賢者タイム)がなく、あっても短い場合があります(個人差があります)。

倦怠感より満足感が強いため、ドライオーガズムでイキまくったあとに、トコロテンで終わりにするなんて方法もあります。

《参考記事》【ドライオーガズム入門】やり方や特徴を経験者が解説

亀頭が敏感にならない(個人差あり)

個人差がありますが、亀頭が敏感になりません。

射精直後の亀頭って、触れなくなるほど敏感になることがあります。

この射精直後の敏感亀頭を責めることで『男の潮吹き』を体験できます。

《参考記事》男の潮吹きのやり方と成功させるコツを解説

亀頭が敏感にならないメリットとしては、続けようと思えばそのまま手でしごいてもう1回射精することができることです。

もちろん、トコロテンで満足して終わりでいいのですが、まだムラムラしていてイケそうなら、もう1回出してしまうのも気持ちいいです。

開発が必要

トコロテンは、初心者がいきなり経験するのは難しく、開発が必要です。

初めてでアナルで感じること自体難しく、挿入してもよく分からない人がほとんどです。

しかし、ドライオーガズムと比べると、まだ簡単な方ではないかと思います。

トコロテンは射精ですから、ドライオーガズムより親しみやすい絶頂だからです。

私の場合、アナルではっきりと快感を得られるようになるのに5年かかっていますが、早い人だと数か月で成功します。

トコロテンに危険性はあるのか

トコロテンはアナルに挿入して行うので、衛生面に気をつける必要があります。

指や道具は、しっかりと洗ってから挿入し、終わった後もきちんと洗いましょう。

また、激しいピストンをすると、痔や直腸を傷つける危険があります。

激しさよりも優しい刺激の方が快感を得やすいので、気持ちよくなるためにも、乱暴なオナニーはやめましょう。

《参考記事》アナルオナニーの危険性と安全に行う方法について解説

搾精(ミルキング)とは

トコロテンと同じく、アナルへの刺激で射精する方法で、搾精(ミルキング)というものがあります。

ミルキングは性的な快感や満足感がありません。

文字通り、「精液を搾り出す」行為です。

精嚢を圧迫するように刺激し続けることでできます。

トコロテンとの違い

トコロテンとの大きな違いは、性的快感があるかないかです。

たまに、ネット上で「トコロテンは気持ちよくない」という意見を見ますが、その人はトコロテンではなくミルキングをしていた可能性が高いと思っています。

トコロテンをしたい場合は、精嚢だけでなく前立腺も意識して刺激してみましょう。

トコロテンはどうすればできるのか

トコロテンはどうすれば体験できるのか紹介していきます。

前立腺と精嚢を刺激する

アナルに指や道具を挿入し、前立腺と精嚢を圧迫するように刺激します。

刺激する場合、指やアネロスよりも、ディルドやネクサスレボといった太めのおもちゃがおすすめです。

トコロテン達成のためにするべきこと

トコロテンを成功させるためには、前立腺や精嚢の開発が必須となります。

前立腺を開発しよう

前立腺はアナルに中指を入れてすぐ、第1~第2関節まで挿入したところにあります。

睾丸側に指を曲げると、クルミ大の少し膨らんだものがあり、これが前立腺です。

精嚢はこの前立腺の奥にあります。

前立腺の位置が分からない場合は、ペニスを勃起させてみましょう。

ペニスが勃起すると、前立腺が少し硬くなるので、分かりやすくなります。

前立腺の開発をする場合、アネロスを使うのがおすすめです。

開発は継続が大切ですので、最初は気持ちよさよりも続けることを目標にしましょう。

《参考記事》アナルが気持ちいい理由と前立腺開発のやり方

BC筋を鍛えよう

BC筋とは球海綿体筋という、尿や精液を押し出すのに使う筋肉です。

ここに力を入れると、ペニスをしごいたのと同じような感覚があり、射精しやすくなります。

このBC筋をうまく動かせるようになると、ノーハンドでの射精も可能になります。

トコロテンを成功させるコツ

前提として、前立腺をある程度開発している必要があります。

そのうえでコツを紹介させていただくと、以下の4つがポイントです。

精液が溜まっている状態でやる

精液が溜まっていると、トコロテンしやすいです。

精液は通常3日ほどで満タンになるとされていますので、なかなかトコロテンできないという人は、溜めてからやってみましょう。

ペニスを勃起させる

トコロテン自体は萎えていてもできますが、勃起していた方がペニスを意識しやすいのでおすすめです。

この「ペニスを意識する」というのが重要で、意識していないとイキにくく、ドライオーガズムになる場合があります。

アナルで感じていると勃起しないこともあるので、そういうときは少しだけペニスを触って勃起させましょう。

BC筋に力を入れる

ドライオーガズムの場合はPC筋に力を入れましたが、トコロテンの場合はBC筋に力を入れます。

ただ単に力を入れたままにするのではなく、軽く力を入れたり、抜いたりを繰り返します。

また、ペニスに血液を送り勃起させる役割もあるので、ペニスに意識が向きやすくなります。

《参考記事》PC筋とBC筋の役割とおすすめの鍛え方を紹介

ディルドを使う

個人的に、ディルドを使うのをおすすめします。

《参考記事》ディルドアナニーのやり方と注意するべきこと

ディルドを使う場合、しっかり洗えば大丈夫ですが、コンドームを被せるとより安心して使えます。

体勢は仰向けか横向き、もしくは騎乗位がおすすめですが、やりやすいようにして大丈夫です。

ディルドの亀頭部分が、前立腺に当たるようにして、小刻みに動かします。

圧迫させながら小刻みに動かすと、一緒に精嚢も刺激されやすく、トコロテンしやすいのでおすすめです。

注意点として、あまり強く圧迫すると怪我をする可能性がありますので、当てながら動かすくらいの気持ちでいいでしょう。

《参考記事》アナルオナニー初心者におすすめのディルドと選び方

ペニスをしごいてみるのもおすすめ

トコロテンの練習として、アナルに挿入した状態でペニスをしごくというのもおすすめです。

やり方としては、アナルにディルドを挿入した状態で、ペニスをしごきます。

射精が近くなったらしごくのをやめて、ディルドを小刻みに動かして前立腺と精嚢を刺激します。

射精感が落ち着いたら、再びペニスをしごきます。

この寸止めとピストンを繰り返すことで、アナニー(アナルオナニー)をすると射精しそうになると、体に覚えこませます。

うまくいくと、練習中にトコロテンが成功します。

注意点として、無理な寸止めはやめましょう。

「もう出そう」となったら、無理に我慢せず、前立腺と精嚢を刺激しながら、ペニスをしごいて射精してしまいましょう。

一緒に刺激して射精するのも、かなり気持ちいいですよ。

まとめ:トコロテンは視覚的にエロくて分かりやすい

トコロテンとは、ペニスを刺激せず、アナルの快感で射精することです。

特徴としては、以下のものがあります。

  • アナルへの刺激で射精する
  • 射精が長い(個人差あり)
  • 不応期がない(個人差あり)
  • 亀頭が敏感にならない(個人差あり)
  • 開発が必要

トコロテンと同じく、アナルへの刺激で射精する方法で、搾精(ミルキング)というものがあります。

違いは性的な快感や満足感の有無で、ミルキングは文字通り、「精液を搾り出す」行為です。

トコロテン

  • 快感や満足感がある
  • 精嚢と前立腺を刺激する

ミルキング

  • 快感や満足感がない
  • 精嚢のみ刺激する

トコロテンを成功させるコツは、精液が溜まっている状態で、ペニスを勃起させ、BC筋に力を入れることです。

また、指やアネロスより、ディルドを使うのがおすすめです。

ドライオーガズムと違い、トコロテンはイッたのが分かりやすく、視覚的にエロくて好きです。

この記事ではディルドを勧めましたが、男性器を模したものを挿入することに抵抗がある人っていると思います。

そういう人は、無理にディルドを使う必要はありません。

抵抗や嫌悪感といった感情は、気持ちよくなることを邪魔してしまいます。

あなた自身が楽しくできる方法で、気持ちよさを追い求めましょう。

タイトルとURLをコピーしました