男の潮吹きのやり方と成功させるコツを解説

男の潮吹き入門ペニス

AVなどで女性の潮吹きを見たことがある人は多いでしょう。

潮吹きというと、昔は女性だけの現象といった認識がありましたが、男性も可能です。

この記事では、男の潮吹きのやり方と、成功させるコツについて解説します。

※当記事では、ペニス刺激での男の潮吹きについて解説します。

男の潮吹きとは

最近は男の潮吹きを題材にしたAVも多いので、知っている人もいると思います。

基本的に、無色無臭の液体が、ペニスの先から出る現象です。

AVのように勢いよく出ることもあれば、ちょろちょろと漏らすように出る人もいます。

男の潮吹きをドライオーガズムとする作品をたまに見ますが、ドライオーガズムとは全くの別物です。

そもそも、男の潮吹きはイクというより、出すまでの過程(亀頭刺激)と爽快感を楽しむものなので、性的絶頂とは違います。

※射精より気持ちいいという人と、気持ちよくないという人がいるので、快感は個人差があります。

男の潮吹きのやり方

アナルへの刺激で行う方法もあるのですが、今回は、基本となる亀頭刺激について解説します。

ちなみに、潮吹きは必ずできるわけではありません。

射精直後の亀頭を刺激する

射精直後の亀頭を刺激するのが、基本的なやり方です。

射精をすると亀頭が敏感になり、人によっては触るのもつらくなります。

この敏感な亀頭を、激しく磨くように刺激すると、潮吹きします。

ただし、多くの人は、あまりのつらさに諦めてしまいます。

風俗店を利用する

射精直後の亀頭は敏感でくすぐったく、自分ではどうしても手が止まってしまいます。

なので、他人に責めてもらうというのが有効です。

最近は男の潮吹きをテーマにした風俗店もあるので、そういうお店でやってもらうと成功しやすいです。

コツをつかめば比較的簡単にできるようになるので、なかなか成功しないという人は、お店で挑戦してみるといいでしょう。

男の潮吹きを成功させるコツ

潮吹きはドライオーガズムなどと違い、開発ではなく忍耐と、コツをつかむことで成功します。

潮吹き経験者や専門の風俗店の方から聞いたやり方から、要点をまとめました。

水分補給を行う

潮吹きでは大量の水分が必要になります。

挑戦前にお水を多めに(コップ2杯から3杯くらい)飲んでおくと、成功しやすくなります。

ただし、冷水や利尿作用のある飲み物はやめておきましょう。

お腹を壊したり、トイレに行きたくなったりしてしまい、潮吹きに集中できません。

常温の水を用意して、ちょっと多めに飲んでおくくらいにしておきましょう。

力む

トイレで便を出すときのように、力むのがコツです。

お尻は関係ないと思うかもしれませんが、力むことで押し出され、潮吹きしやすくなります。

事前にトイレで便を出しきって、不安なく取り組めるようにしておきましょう。

漏らしてもいいと思う

潮吹きできそうになっても、尿を漏らしてしまうと勘違いして、我慢してしまうことがあります。

漏らすことへの不安があると、潮吹きは難しくなります。

解決方法としては、漏らしてもいいと思うことです。

万が一、尿だったとしてもいいように、お風呂場や、大きめのバスタオルを敷いて行いましょう(そもそも潮でも飛び散る可能性があるので、濡れてもいい環境で行うこと)。

まとめ:潮吹きは忍耐がとても大事

潮吹きは、射精直後の亀頭を刺激することで可能です。

潮吹きを成功させるコツ

  • 水分補給を行う
  • 力む
  • 漏らしてもいいと思う

自分1人ではできないと感じたら、専門の風俗店を利用しましょう。

潮吹きはコツをつかむと、比較的簡単にできるようになります。

しかし、射精直後は敏感になっていて、亀頭を刺激するのはかなりつらいです。

M向けの行為と言えますが、敏感な亀頭を刺激する快感と、潮吹きの爽快感は病み付きになります。

潮吹きは開発ではなく、忍耐力が大事ですので、諦めず頑張ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました