乳首の感度レベルとレベルごとの開発方法を紹介

乳首の感度レベルについて乳首

「乳首イキできるようになるまで、あとどのくらいかかるのだろう?」と気になる人は多いです。

私も乳首でメスイキできるようになるまで、あとどのくらいかかるのか、本当に近づいているのか不安になることがありました。

この記事では、ネットで集めた情報と、私の経験談から作った乳首の感度レベルについて紹介します。

※この記事で書いている乳首イキは、射精ではなくドライオーガズムやメスイキのことを言います。

乳首イキできるようになるまでに必要な期間

どのくらいの期間が必要かは個人差がありますが、最低でも1年はかかると思っていた方がいいです。

半年でできたという人もいますが、短期間でできると思って挑戦すると、焦りでできないことが多いです。

そもそも、乳首が感じるようになるまでにも半年とかかかりますので、やはり気長にやっていきましょう。

参考までに、私は全く感じない状態から、乳首イキまで約5年かかっています。

乳首の感度レベル

「自分の乳首の感度は、今どのくらいなんだろう?」

「乳首イキまで、あとどのくらいかかるんだろう?」

そういった人のために、乳首の感度レベル表を作成しました。

レベル0からレベル10の11段階に分けてあります。

ただし、この表は私の経験談などからまとめたものであり、人によって当てはまらないこともあります。

また、レベル0からではなく、レベル1からスタートする人もいます。

あくまで参考程度に見てください。

レベル0:なにも感じない

このレベルがスタートラインになる人が多いでしょう。

このレベルの乳首は、どう弄っても気持ちよさを得られません。

開発方法は、とにかく弄ることが大切です。

1回10秒とかでもいいので、回数を多くし、乳首に刺激を送ることを習慣化しましょう。

ただし、痛みなどがある場合は休みましょう。

レベル1:少しくすぐったいかもと思う程度

このレベルがスタートラインになる人もいます。

もともと体が敏感な人は、このレベルの場合があります。

開発方法は、他の性感帯と一緒に刺激するのがおすすめです。

男性の場合は、主にペニスか前立腺ですね。

ただ、前立腺は未開発だと感じない人が多いので、ペニスと一緒に刺激しましょう。

他の性感帯と一緒に刺激することで、乳首を弄ると気持ちいいと錯覚させます。

あとは、やはり乳首を弄る頻度を多くしましょう。

スポールバンという商品を使うと、常時乳首が刺激されている状態になるので、気になる方は使ってみてもいいでしょう。

レベル2:気持ちいいかもと思う程度

稀にですが、初めから少し気持ちよさを得られる人もいます。

そういう人は、過去に乳首を弄った(弄られた)ことがある場合で、未開発とは少し違うかもしれません。

レベル0から始めてきた場合、このレベルに到達するのに、早くても1か月はかかると思っていた方がいいです。

開発方法は、やはり他の性感帯と一緒に刺激することと、毎日のように弄ることです。

レベル3:乳首を一緒に弄った方が気持ちいい

オナニーのとき、乳首を一緒に弄った方が、より気持ちよくなれるようになります。

乳首の刺激が上乗せされ、快感や精液の量が増え、射精も長くなります。

あとは、乳首を弄ると勃起するようになる人もいます。

開発方法は、今まで通り他の性感帯と一緒に、毎日のように弄りましょう。

レベル4:気持ちよさを感じられるようになる

今までと違い、乳首を弄ると性的な快感を得られるようになります。

このレベルまでは、早ければ3か月から半年くらいで到達できます。

とはいえ、レベル4だとちょっと気持ちいいくらいなので、乳首イキを想定していると物足りないかもしれません。

開発方法は、他の性感帯と一緒に刺激するだけでなく、自分が一番気持ちいい弄り方でチクニー(乳首オナニー)をしましょう。

レベル5:乳首を弄らないと物足りなくなる

レベル3と似ていますが、乳首を弄った方が、快感や精液の量が増加するようになります。

レベル3との違いは、3は性器の快感にほんの少しの上乗せだったのに対し、こちらは弄らないと満足できなくなる場合があります。

開発方法は、他の性感帯と一緒に刺激するより、乳首だけで得られる快感を大きくするため、チクニーの時間を増やしましょう。

レベル6:性器以上に感じるようになる

性器以上に気持ちいい性感帯になります。

乳首開発を始めて、個人差はありますが、1年はかかると思っていた方がいいです。

ちなみに、私は3年くらいかかっています。

このレベル6まで到達できる人はそれなりにいますが、次の乳首イキに行くことができず、諦めてしまう人が多いです。

次のレベルに進むためには、乳首で得られる快感を、ドライオーガズムやメスイキ方向に切り替えていく必要があります。

そのためには、ドライオーガズムの基本である、脱力と呼吸を意識しつつ、乳首に触れるか触れないかの弱い刺激を与えるようにしましょう。

強い刺激だと、なかなかイクことができません。

レベル7:乳首イキ(軽いオーガズム)ができる

乳首でドライオーガズム(メスイキ)ができるようになります。

このレベルの乳首イキは軽いもので、想像していたオーガズムと違うことが多いです。

射精のような分かりやすい快感ではないので、人によっては乳首イキしたことに気がつかず、「今のってドライ?」と思うことがあります。

乳首イキの快感は、個人差もあるのですが、私の場合、快感のお風呂に浮かぶような、全身に染み渡るものです。

射精が「イク!」という感じなら、ドライオーガズム(メスイキ)は「いくぅー……」という感じでしょうか。

ここからは、乳首イキの成功率と気持ちよさを上げていきます。

そのためには、自分のイキやすい状況、状態、弄り方、オカズなどを見つける必要があります。

乳首イキしたときの状況を思い出しつつ、自分が一番気持ちいいチクニーをしましょう。

レベル8:深いオーガズムを得られる

今までの浅いオーガズムから、強烈な深いオーガズムを得られるようになります。

レベル7のときは、イッたのかどうか分からない人もいましたが、このレベルは分かりやすいです。

ネット上でドライオーガズムについて語られるとき、大抵はこのレベルの快感を言います。

ここまで来れば、あとはチクニーを楽しみましょう。

楽しんでいるうちに、次のレベルに進めます。

レベル9:マルチプルオーガズムができる

乳首でマルチプルオーガズムができるようになります。

マルチプルオーガズムとは、いわゆる「連続絶頂」や「イキっぱなし」のことです。

なんどでもイクことができるドライオーガズムですが、疲労や心地よい満足感で、連続でイクことができない人も多いです。

マルチプルオーガズムは、ドライやメスイキを連続でできるようになる、イッているときにさらにイク、数分間イキっぱなしになる、といったことが可能になります。

レベル10~:未知の世界へ

このレベルに到達、そしてさらに先へと進める人はごく少数でしょう。

到達した人の話を聞くと、以下のような体験をしたそうです。

  • 咆哮しながら絶頂し、幸せで涙が止まらなくなった。
  • 乳首を数秒弄っただけでイキっぱなしになった。
  • 爆発するような快感とともに、星や宇宙が見えた。

そんな馬鹿な、と思うかもしれませんが、実際に体験している人はいます。

しかし、最初に言った通り、到達できる人はごく少数です。

チクニーを楽しんでいるうちに到達できればいいかな、と気楽に挑戦しましょう。

まとめ:乳首イキ成功は新たなスタート

乳首イキできるようになるまでは個人差があり、数年はかかると思っていた方がいいです。

乳首の感度レベルは以下の通りです。

レベル0:なにも感じない
レベル1:少しくすぐったいかもと思う程度
レベル2:気持ちいいかもと思う程度
レベル3:乳首を一緒に弄った方が気持ちいい
レベル4:気持ちよさを感じられるようになる
レベル5:乳首を弄らないと物足りなくなる
レベル6:性器以上に感じるようになる
レベル7:乳首イキ(軽いオーガズム)ができる
レベル8:深いオーガズムを得られる
レベル9:マルチプルオーガズムができる
レベル10~:未知の世界へ

どのレベルでも、開発の基本は、乳首を弄るのを習慣化させることです。

1回や2回チクニーしただけでは、感度はまず上がりません。

初めのうちは他の性感帯と一緒に刺激し、感度が上がってきたら、乳首だけを弄ってみましょう。

開発する人は、乳首だけでイクことを目標にしている人が多いです。

ですが、乳首イキはゴールではなく、新しいスタートラインです。

今回の感度レベルでは、7が乳首イキとなっているように、まだ上があります。

そして、レベル10で終わりではなく、上限はきっとないのでしょう。

自分が今どのレベルなのか、どこを目指すのかの目安になれば幸いです。

《参考記事》【男性向け】乳首開発のやり方とメリットデメリット

タイトルとURLをコピーしました