アナルオナニー初心者におすすめのディルドと選び方

おすすめディルドアナル

アナニー(アナルオナニー)で使う道具は色々ありますが、安価で種類が多いのが、ディルドです。

前立腺の開発にはアネロスが優秀ですが、ディルドにも優れたところがたくさんあります。

しかし、ディルドにも素材や形状の違いなどがあり、初めてだとどれを選んでいいのか分からない方もいると思います。

この記事では、初めて選ぶのにおすすめのディルドについて紹介します。

ディルドとは

ディルドとは、基本的に男性器を模したアダルトグッズです。

他の形状も存在しますが、主な使い方は、女性器またはアナルに挿入して使用します。

また、バイブレーション機能などがないので、床に固定したり、手で動かしたりする必要があります。

電動ではないため、女性が中イキするための練習としても愛用されています。

男性が使っても気持ちいいの?

一般的には、女性がオナニーで使うアダルトグッズのイメージがありますが、男性もアナルに使うことができます。

《参考記事》ディルドアナニーのやり方と注意するべきこと

男性のアナルには、前立腺や精嚢といった性感帯があるため、アナニーで快感を得ることができます。

また、前立腺を刺激することで、射精しないでイク、ドライオーガズムをすることができます。

《参考記事》【ドライオーガズム入門】やり方や特徴を経験者が解説

アネロスとどちらが気持ちいいのか

男性がアナニーに使用する道具には、前立腺マッサージ器のアネロスというものがあります。

《参考記事》アナルで気持ちよくなるためのアネロス入門講座

前立腺をマッサージするように開発されたアネロスは、多くの男性をドライオーガズムに導いています。

前立腺を開発するのは、アネロスの方が優れていますが、ディルドにも優れている点があります。

ディルドのいいところは、アネロスより太く、圧迫感があることです。

また、アネロスは前立腺をマッサージするように作られていますが、ディルドは精嚢や奥の方も刺激することができます。

そのため、アネロスよりもトコロテンしやすいです。

ディルドの種類

ディルドには、形状以外に、素材にも種類があります。

主な種類には、ゴム系、シリコン系、プラスチック系、ガラス系があります。

ゴム系

最も多いのが、ゴム素材のディルドです。

ゴムのディルドのいいところは、硬すぎないので、アナルへの負担が少ないこと。

長時間の使用や、ローションやほぐしの不足によっては怪我の危険がありますが、硬いプラスチックやガラスに比べて、負担が少ないです。

2つ目は、種類が多いので、好みの大きさや形状を選べること。

ゴム系が最も多く作られているため、サイズや形状の種類も豊富です。

10cm程度の小さいものから、18cmくらいの大きいものもあります。

形状も、カリの太いものや、本物のように血管などが再現されているもの。

また、人間のペニスではない形状のディルドも存在しています。

好みや開発状況に合わせて選べるのが魅力です。

3つ目は、吸盤付きがあることです。

吸盤付きは床や壁に固定しやすいので、バックや騎乗位での挿入が容易になります。

ただし、ディルドの吸盤は弱いものが多く、おまけ程度に考えておきましょう。

4つ目は、柔らかさがあるので、本物に犯されている気分が味わえることです。

男性器を模しているだけでなく、本物みたいに柔らかさがあるので、男性に挿入されている気分になれます。

男性に挿入されるのが好き、もしくは、犯されたい願望のある人におすすめです。

シリコン系

シリコンのディルドは、ゴムと同じかやや硬いくらいですが、ツルツルしていて触り心地がいいのが特徴です。

滑らかな質感を生かすためか、単なる棒状の、いわゆる非リアル系のものも多くあります。

非リアル系は、男性器の形に抵抗がある人にとっては、使いやすいと思います。

注意点として、シリコン系のローションとは相性が悪いため、使用しないでください。

プラスチック系

ゴムに比べて種類が少ないですが、プラスチックのディルドも存在しています。

プラスチックはガラスほど硬くないので、ゴムより硬いものがいいのであればおすすめです。

また、ゴム系に比べて、男性器を模したものが少なく、シンプルな形状が多いです。

なので、男性器の形に抵抗がある方にいいでしょう。

ただし、やはり硬さの関係から、ゴムより負担がかかります。

ガラス系

上記の種類に比べて、上級者向けのディルドです。

アナルへの負担が大きいのもそうですが、重さもあるので落としたりすると危ないです。

個人的には、初心者にはあまりおすすめできないディルドとなります。

初心者はどのディルドがいいのか

初心者だけでなく、多くの人におすすめなのが、ゴム系のディルドです。

ゴム系は柔らかく、大きさや形状の種類が豊富だからです。

柔らかいと言っても、勃起したペニスくらいの硬さがありますので、柔らかすぎて挿入できないということはありません(ふにゃふにゃのものも存在します)。

小さいサイズから慣らしていくことができますし、吸盤付きもあるので、固定して騎乗位のように使うこともできます。

ただし、オナホールと同じく、ゴム臭い商品もあります。

石鹸などで洗えば、ニオイはある程度落ちますが、気になる人は気になるかもしれません。

また、ゴムアレルギーの方は使用できません。

初心者におすすめのディルド

男性器を模したリアル系と、あまり男性器っぽくない非リアル系の2本を紹介します。

初心者におすすめとなっていますが、上級者でも楽しめるものです。

リアル系のおすすめ

初心者から上級者まで、多くの人におすすめなのが『みちのくバイブJr』です。

みちのくバイブJr

バイブという名称ですが、非電動のディルドです。

アダルトグッズの通販サイトでは、常にランキング上位にいるほど人気があります。

SとMの2サイズが存在し、Mは日本人の平均に近い、挿入部分13.5cmとなっています。

ある程度慣れた人なら、Mサイズでも楽に挿入できるようになりますが、アナル経験の浅い人は、Sサイズ(挿入部分10.5cm)から始めましょう。

ちなみに、太さはどちらも約3.5cmです。

非リアル系のおすすめ

男性器の形に抵抗がある人におすすめなのが、『ちんアナゴ』というディルドです。

ちんアナゴ

画像を見てもらうと分かりますが、凹凸のないシンプルデザインとなっています。

シリコン素材のため、硬すぎることもなく、起伏がないので、挿入も楽に行えます。

太さは一番小さい三男で2.5cmなので、初めてでもちゃんとほぐせば、苦労せず挿入できると思います。

ただし、三男でも長さが13cmとなっています。

いきなり奥まで挿入すると、痛みがあるかもしれませんので、ゆっくり挿入していきましょう。

慣れてきたら次男(15.5cm)、長男(18cm)とサイズアップしていくのもいいでしょう。

まとめ:小さいものから慣らしていく

ディルドとは、基本的に男性器を模したアダルトグッズです。

女性がオナニーで使うアダルトグッズのイメージがありますが、男性もアナルオナニーで使うことがあります。

ディルドには、ゴム系、シリコン系、プラスチック系、ガラス系といった、素材の違いがあります。

ゴム系

  • 最も種類が多い
  • 硬すぎず、アナルへの負担が少ない
  • 本物に似た形状や硬さが多い

シリコン系

  • ゴムと同じかやや硬い
  • ツルツルしていて触り心地がいい
  • シリコンローションと相性が悪い

プラスチック系

  • 種類が少ない
  • 硬いためアナルに負担がかかりやすい

ガラス系

  • 上級者向け
  • 種類が少ない
  • 硬いためアナルに負担がかかりやすい

初心者におすすめなのは、ゴム系のディルドです。

硬すぎないため負担が少なく、大きさや形状の種類も豊富だからです。

シリコン系のディルドもいいのですが、最近のアナル用ローションはシリコン入りも多いので、注意が必要です。

ディルドは指より太いものばかりなので、慣れていない初心者ですと挿入が大変ですし、無理に行うと切れてしまうことがあります。

ローションを使って丁寧にほぐすことを忘れず、また、細いディルドから始めていきましょう。

みちのくバイブJr

NLSで購入する

エムズで購入する

ちんアナゴ

NLSで購入する

エムズで購入する

タイトルとURLをコピーしました