アナルオナニーの危険性と安全に行う方法について解説

アナニー危険性アナル

ドライオーガズムやメスイキに挑戦する場合、多くの人がアナニー(アナルオナニー)に興味を持つと思います。

しかし、アナニーについて調べると、危険だからやらない方がいいと書いているサイトもあります。

この記事では、アナニーの危険性と、安全に行う方法について解説します。

アナニーは危険なの?

自分の体内に指や道具を挿入する行為ですから、危険もあります。

子供の頃、ペンを挿入したことがありますが、今思えば衛生面など危険はありました。

しかし、正しい知識を持って行えば、危険を少なくすることは可能です。

アナニーのリスクについて

アナニーのリスクについてまとめました。

怪我

肛門は挿入するための穴ではありません。

無理に指や道具を挿入すると、傷つけてしまうことがあります。

腸は臓器ですので、傷つけると大変なことになります。

また、痛いのに無理に挿入をすると、肛門が裂傷し、最悪の場合人工肛門にしなければならなくなる恐れがあります。

抜けなくなる

挿入した道具が抜けなくなることがあります。

アダルトグッズだけでなく、ペンなど身近にあるものが抜けなくなり、病院に行った人も多くいます。

アナニーのメリット

アナニーのリスクについて紹介してきましたが、メリットについても紹介します。

気持ちいい

わざわざ面倒な準備までしてアナニーをする理由は、気持ちいいからです。

特に、前立腺を刺激することで得られるドライオーガズムは、射精よりも気持ちいいという人がいるほどです。

《参考記事》【ドライオーガズム入門】やり方や特徴を経験者が解説

前立腺炎などの治療

前立腺マッサージは医療行為として行われることが多いです。

特に、前立腺肥大症の治療には、週2~3回のマッサージが推奨されています。

この前立腺マッサージを自分でできるように開発されたのが、エネマグラ(現在のアネロス)です。

アネロスは快感を得るためだけでなく、医療行為としても有効なのです。

《参考記事》アナルで気持ちよくなるためのアネロス入門講座

安全に行うために必要なこと

アナニーにはリスクだけでなく、メリットもあることが分かりました。

では、安全に行うためにはどうすればいいのか。

安全に行うために必要なことを紹介します。

衛生面に気をつける

衛生面には気をつけましょう。

洗っていない指や道具を挿入したり、古いローションを使用したりするのは、病気になる恐れがあるため、絶対にやめましょう。

また、使った道具にも雑菌が付着しているので、必ず洗って保管しましょう。

準備をしっかり行う

事前準備はしっかり行いましょう。

直腸洗浄で便を出すのはもちろん、ローションを使ってアナルをほぐすことも忘れずに行ってください。

エロ漫画などで、ほぐしていないアナルに挿入するシーンを見ますが、あれはフィクションです。

準備していないアナルに挿入しようとしても、痛くてできませんし、無理に行うと怪我をします。

面倒でも、準備はしっかり行いましょう。

乱暴なことはしない

乱暴なアナニーはやめましょう。

挿入した指や道具を激しく出し入れすると、傷つける恐れがあります。

乱暴なピストンだと気持ちよくなりにくいので、ドライオーガズムをしたいのなら、ゆっくりとした動きを心がけてください。

やってはいけないこと

絶対にやってはいけないことを紹介します。

『安全に行うために必要なこと』の反対

「衛生面に気をつける」「準備をしっかり行う」「乱暴なことはしない」で書いたことの反対です。

「アナルに不衛生なものを挿入する」「準備を怠る」「乱暴に行う」ということです。

最悪の場合、大きな病気や怪我に繋がります。

自分の体を労わるアナニーをしてください。

アルコールの注入は絶対にダメ

アルコールをアナルに注入するのは、絶対にやめてください。

直腸は吸収率がいいため、最悪の場合、急性アルコール中毒で死ぬ恐れがあります。

直腸には、浣腸液や水、ローション以外は注入しないでください。

液体の大量注入

直腸洗浄で浣腸液や水を注入するときは、少量で行ってください。

あまりに大量の液体を注入すると、小腸に流れ込んでしまい、命の危険があります。

市販の浣腸液1個分の量を目安にしてください。

まとめ:アナルオナニーは正しく行えば大丈夫

アナニーは正しい知識を持って行わないと、怪我などのリスクがあります。

しかし、もちろんメリットもあります。

アナニーのリスク

  • 怪我
  • 抜けなくなる

アナニーのメリット

  • 気持ちいい
  • 前立腺炎などの治療

安全に行うためには、以下のことを守りましょう。

  • 衛生面に気をつける
  • 準備をしっかり行う
  • 乱暴なことはしない

そして、安全のためにやってはいけないことは、以下の通りです。

  • 『安全に行うために必要なこと』の反対
  • アルコールの注入は絶対にダメ
  • 液体の大量注入

危険なことは行わず、自分の体を大切にしてください。

アナニーは体内を弄る行為ですから、危険もあります。

しかし、正しい知識を持って行えば、リスクを抑えることが可能です。

気持ちいいアナニーのために、危険なことはしないで楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました